イチョウ葉エキスの歴史

イチョウ葉エキスは、日本では健康食品ですが、海外では医療用医薬品として扱われているところもあります。

このため、イチョウ葉エキスは認知度が高いようです。

イチョウ葉エキスは、いちょう葉を乾燥させて、アルコールで有効成分を抽出したものです。

いちょうは生命力が強く、その成分がイチョウ葉エキスに凝縮されているのです。

いちょう葉は、日本からヨーロッパへ渡り、ドイツでイチョウ葉エキスとして開発されました。

ヨーロッパなどでは、イチョウ葉エキスは血流改善などの医薬品として、効果が期待されているのです。